違和感を吐き出せるように

おかしいな、と思うことを口にすると周りから煙たがれるので。

「手当てで生活してる奴ってほんとクズだと思うわ」

タイトルは数日前に面と向かって人に言われた一言です。

そういう考え方をする人もいるのは分かっているので、理解はできないけど言いたいことは分かるよって感じです。

あの人が突然働けない状況になったら一体どうするのか気になりますね・・・。

 

そういえばちょっと前から、自分の心身と手当の支給に支障のないレベルで「お手伝い」をはじめたんです。

まあ帰ってくるとものすごい疲れてしまうので心身に本当に影響が無いのかと言うと、微妙なところなのですが・・・。

なんだかんだ働きたくないとは言いつつも、給料が毎月振り込まれることを前提とした各種支払いを組んでいたので正直手当てだけでは生活が厳しいのです。

まさか急に無職になるとも思ってなかったしね。

 

会社を辞める前に、ばたおさん(ばたおのサイレント・テロリズム)主催の「働きすぎ社会の論理と心理」という座談会に出させてもらいました。

 

hannouhankatsudou.blog.fc2.com

 

その途中で思わず出た言葉が「資本主義の奴隷」。

生活するためには毎月一定のお金が必要で、ほんと支払いという鎖で繋がれた奴隷ですね。

 

色々と生活するにおいて家賃や食費をはじめとして、車やネットなど毎月お金がかかります。

それで急に無職になって、手当ては今までの給料の約2/3ですって・・・。

いや、もらえるだけありがたいけど病院代もそれなりにかかるし足りないっていうね。

 

まあ逆に言えば仕方が無いとはいえ、少しは外に出て何かしようという気持ちになれたのでいい方向に進んでいると思います。

 

そもそも手当ての原資だって今まで正社員として働いていた間に払った健康保険から出てるんだし、とやかく言われる筋合いは無いっていうか・・・。

 

ただし手当ても最長で1年半なので、その後の身の振り方は考えないといけません。

人生って本当にうまくいかないもんですね。