読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

違和感を吐き出せるように

おかしいな、と思うことを口にすると周りから煙たがれるので。

自分の人生ってなんなんだ。

最近は知り合いの紹介で職人のようなことをしています。

なかなか体力がもたなくてずっと帰ってきてはすぐに寝て、PCを立ち上げる気力すらない日が続いていました。

 

最近はようやく体力にも余裕が出てきたので久しぶりにブログ書けます。

 

正直、職人の仕事って向いていないというか・・・なりたくはないなあって思ってました。

朝早いけど早起き苦手な夜型人間だし、結構きれい好きなタイプなんだけど毎日ドロドロだし、それなりに服装にも気をつかいたいのに毎日作業服だし、体が細いので肉体労働とか向いてないし・・・挙げていくとキリが無いぐらい。

 

でも気持ちの点でものすごく楽なんだよね。

それにしっかりとした雇用形態ではなくてお手伝い的な感じでやってるので多分手当て的にはグレーでセーフなはず。

というか手当てあるのはありがたいけど、何度も書いてるけど給料の2/3とかもともとがギリギリなのに普通に生活できないからね。

なんせ今住んでる家なんて家賃28000円だし・・・。

 

で、ずっと毎日疲れて考える暇もあんまり持てなかったんだけど。

なんでこんな生活してるんだろうって・・・。

 

自分は建築学科のある高校に行ってたんだけど、今日ポスト見たら奨学金の引き落としができてないって通知が来てて。

なんか一気に整理しきれない、いや納得しきれない感情が噴出してしまったというか。

 

もともとは設計がしたかった。

高校でも設計コースに入って成績も特別良くはないけど悪くもなかった。

でも就職で京都の町屋に関する仕事がしたいと思って、インターンで京都のある設計事務所に行ってたんだけどリーマンショックで雇えなくなったって言われた。

京都とアメリカに事務所があるとこだったからどうにもならなかった。

 

それを言われたのが2月の末、卒業間近で・・・もう設計の求人は無くてなんとか滑り込んだのが最初の建設会社で現場監督の仕事だった。

前にも書いたとおりすごいブラックな会社で、3年ぐらいで辞めて次は積算の会社に。

最初は毎日早起きして作業服で仕事してたのが、スーツでコーヒーを飲みながら事務所でPC使って仕事と、少し理想に近づいたかと思った。

 

でも自分の理想に精神がついていかなかったみたいで、納期に追われて残業徹夜が続いた時に完全に心が負けてしまった。

 

そして今は特にしたくもなかったけど、職人で悔しいことに今までの経験が使いまわせる仕事。

現場のことも図面も色々と分かってるんでみんなよくしてくれる。

正直したいと思ってなかった仕事の中で少しほっとしてる。

 

でもこうじゃなかっただろって思う自分がどこかにいて今の自分を許せないでいる。

こんな生活してるはずじゃなかったんだ。

それなりに稼いで趣味に仕事に充実してるはずだった。

 

毎月毎月支払いや借金の返済に四苦八苦なんてしてるはずじゃなかった。

なんでこうなったんだ。

 

自分の何が悪かったんだ。

 

答えが出せないでいる。