読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

違和感を吐き出せるように

おかしいな、と思うことを口にすると周りから煙たがれるので。

近況というか、ダメ人間さが増したというか。

こんにちは、ミニです。

 

昨年から続けていた職人のお手伝いですが、ここ三日間ほどずっとお休みしています。

はじめはお手伝いだったのが気づけばがっつりとメンバーに入っており、休みは週に一日あるかないかで、年末には22時頃まで作業が終わらない日があったりと、何をしているのか分からない状態になっていたからです。

 

もちろんその分の給料・・・ではなくお小遣い?はいただきましたが、そうじゃない。

お金がもらえたところでそんな生活をしていたのでは意味が無いと思いました。

 

いや、実際には思うよりも早く体の方が拒否反応を示して、仕事に行けなくなったという感じなのですが・・・。

本当に情けない話です。

 

今週に入ってからずっとお布団にくるまっていまして、ようやく少し元気になってきてなんとか久しぶりにPCに向かっています。

 

本当に、本当に人並みに働けない自分が悲しいやら恥ずかしいやら・・・。

周りは自分と同じように、いやそれ以上に働いているというのに。

 

そして、そんな自分はやはり社会からは不要とされていることを痛感します。

最近はphaさんや寝太郎さんなど、お金をできるだけ使わないで生きていくという人が増えてはいますが、やはり日本で生きている限りお金は多少なりとも必要です。

 

そこでお金を得ようと思えば何かしらの労働は必要です。

サラリーマンや職人、イケダハヤトさんのようにブログを書くことなども全て。

そして短いですが高校を卒業してから約8年間と働いてきて、いかに自分が働くということが苦手というか不向きというか・・・。

他人から見れば甘えだと、もっとやれるだろうと言われるのは分かっているんですが、どうにも耐えられなくて。

しかも最近はその耐えられなくなるスパンが自分でも情けなくなるほど短くなってきています。

 

そこで今は傷病手当というものを受けているのですが、失業保険などと同じように制度として最終的には労働による自立をすることを前提とされています。

受給金額は以前の給料の2/3となっており、期限は1年半です。

つまりその以前でもギリギリの生活だったのに、そこからさらに2/3に減った金額でなんとか生活し、最終的には働いてまた自立しなさいねと。

 

生きていきたければさっさと働けと。

当然もらえるだけでもありがたいという思いは常にありますが、それでも厳しいなと思ってしまいます。

じゃあ生活保護があるじゃないかと言われそうですが、役所での水際作戦や各所で見られる受給者へのいわれなき誹謗中傷を見ていると、とても受けようという気にはなれません。

ましてや自分の資産を全て無くしてからでなければいけないし、ただでさえ少ない僕からさらに奪っていくのかと。

それすらも僕の甘えなのですけどね・・・もっと厳しい思いを、生活をされている方はいくらでもいますし。

 

つまり僕のように働けない者はもう社会からは不要という判断なのではないかと。

当然ながら僕の家族や友人はそうは言わない(と思いたい)ですけど。

不要だと判断された者はどうやって生きていけばいいのでしょうね。

かと言ってそんな社会を見返してやろう、みたいな気力も無いですし。

 

極端な話ですが、不要な自分はこのままでは死ぬしかないんじゃないかとか・・・。

そこまで深刻に滅入っているわけではないですが、そういうことも視野に入ってきますしね。

 

今の自分の状態は非常に良くないなと思うので、気が向けばどこか旅行にでも行ってみようかなと思っています。

部屋にこもっているだけでは何も変わらないことだけは感じているので。