違和感を吐き出せるように

おかしいな、と思うことを口にすると周りから煙たがれるので。

生きることに何の意味がある

人生には何の意味も無いと思っている。

 

生きているのはただ種の存続と生存本能、欲求によってたまたま生まれただけだと。

遺伝子の働きの結果としてたまたま生を受けたに過ぎない。

 

なので僕は死ぬまでの間に特別な意味を見いださずとも、ただ楽しめればそれでいいと思っていた。

どうせ最後は死ぬし、自分の愛した人も物もいつかは全て消えてしまう。

ただ今を楽しめばいいのだと。

 

しかし、楽しんで何になるのか。

少しの、わずかばかりの楽しみはどれも多大なる苦痛の上に成り立っている。

勝手に生まれてこさせられて、今は生きていくことすら辛い。

わざわざ辛い思いを抱えて死ぬまであがく必要があるのか。

 

ちょっとお金ができたら旅行に出るのも、せっかく生まれたからには自分がいる世界を、国を少しでも見ておきたいと思ったから。

だけど見たところでどうなる。

いくら見て、知っても自分の感じる生きていく辛さを和らげてくれるわけではない。

いや、一時的には様々な美しい自然や人の優しさに触れて和らぐが、そのあとに反動で辛さが何倍にもなって押し寄せてくるだけだ。

 

自分は楽しさを糧に生きることすら満足にできない欠陥だった。

こうして乱文を書きなぐっても気をまぎらしても事実は変わらない。

この社会で、世界で生きていくには自分は欠陥がありすぎた。

もう旅行のことをブログに書こうとしても、楽しかったことすら思い出すと逆に辛くなる。

 

結局何をしても最後は辛いと感じるなら、せめて楽しく生きることすらできないのだから、生きていても意味が無いんじゃないかと思う。

この世界を楽しめる人だけが生きていけばいい。

どうせ人の命など1つや2つが無くなったところで大きな意味はない。

この世界自体になんの意味も無いのだから。

 

いや、意味があったとしても関係はない。

自分の信念として、楽しく生きることができないから終わらせる。

それ以外に何もない。

全てが無意味で無駄で何もない。

何もない。

 

辛さしか感じることができない自分が悪いので仕方ない。

世界も、人もなにも悪くない。

自分がただ悪かった。

どうしようもない。